記事投稿のヒント

テキストエリアには、記事内容のテキストをプレーンテキスト(素のテキスト)で入力して下さい。
改行処理は全て自動的に行われますので、<BR>タグの記入は必要ありません。
その際、以下の注意点に留意して下さい。

自動変換処理

自動変換処理を有効にすると、記事を表示する時に様々な装飾や整形を自動的に施すことが出来ます。
以下は、自動変換処理によって施される装飾・整形処理です。
なお、自動変換処理は全て行単位で処理されます。
行をまたがった指定は無視されます。

URL、メールアドレスの自動リンク

記事内容にURL表記、もしくはメールアドレス表記が書き込まれていた場合には自動的にそのアドレスへのハイパーリンクを作成します。

見出し記号で始まる行の強調表示

以下の見出し記号で始まる行は太文字で表示されます。
記事内容に小見出しを付ける場合などに利用します。

§

行頭のASCII・2バイト系各スペースを考慮します。

引用記号で始まる行の色変え表示

以下の引用記号で始まる行は引用行であると見なして色変えで表示されます。

>

行頭のASCII・2バイト系各スペースを考慮します。

警告記号で始まる行の色変え表示

以下の警告記号で始まる行は特に注意を促したい警告行であると見なして色変えで表示されます。

! *

行頭のASCII・2バイト系各スペースを考慮します。

コメント部分の色変え表示

以下のコメント記号で始まる行はコメント行であると見なして色変えで表示されます。

// #

また、"(" と ")" (ASCII、2バイト文字関わらず)の組で囲まれた部分もコメント部分であると見なして色変えで表示されます。
行頭のASCII・2バイト系各スペースを考慮します。

プログラムコード部分の特別整形

記事内容中に書き込んだプログラムコード部分は記事本文とは別に整形されます。
記事内容にプログラムコードを書き込むには、プログラムコードを"{$code}" と "{$code_end}" で囲みます。
プログラムコードはPREエレメントによって整形済みテキストとして扱われ、他の記事本文からインデントされて表示されます。
また、文字列定数、数値定数、"#" "//" で始まるコメント行の色変え表示が行われます。

拡張構文

記事内容の入力に HTML タグが使えない代わりに、同等の機能を持った拡張構文をプログラムコード部分以外の箇所に利用することが出来ます。
現在用意されている拡張構文には以下の物があります。

文字装飾拡張構文

任意の文字に任意の文字装飾を行います。
拡張構文の文法は以下のようになります。

	{$attr:(属性)|(適用文字列)}

属性には、適用したい文字属性のカンマ区切りリストを指定します。
指定できる属性には以下の物があります。

bold
太文字にします。
italic
斜体文字にします。
under
下線付文字にします。
big
大きい文字にします。
biggest
極大文字にします。
small
小さい文字にします。
smallest
極小文字にします。
sub
下付き文字にします。
super
上付き文字にします。
#rrggbb
任意の色を付けます。
HTML の色指定と同様の指定を行って下さい。

また、色に関しては以下の定数を利用することが出来ます。

black
黒です。
#000000 に置き換わります。
red
明るい赤です。
#FF0000 に置き換わります。
lime
明るい緑です。
#00FF00 に置き換わります。
yellow
明るい黄色です。
#FFFF00 に置き換わります。
blue
明るい青です。
#0000FF に置き換わります。
fuchsia
明るい紫です。
#FF00FF に置き換わります。
aqua
明るい水色です。
#00FFFF に置き換わります。
white
白です。
#FFFFFF に置き換わります。
maroon
暗い赤です。
#800000 に置き換わります。
green
暗い緑です。
#008000 に置き換わります。
olive
暗い黄色です。
#808000 に置き換わります。
navy
暗い青です。
#000080 に置き換わります。
purple
暗い紫です。
#800080 に置き換わります。
teal
暗い水色です。
#008080 に置き換わります。
silver
明るい灰色です。
#C0C0C0 に置き換わります。
gray
暗い灰色です。
#808080 に置き換わります。

例を以下に示します。

	これは{$attr:bold,big,red|拡張構文}のテストです

拡張構文は自動変換処理を有効にしていなければ機能しません。
また、同種の属性は後から指定した物が以前に指定していた物を無効にします。
したがって、big、biggest、small、smallest は互いを無効にします。
sub、super も互いを無効にします。
#rrggbb や色定数は最後に指定された物が有効になります。

図表表示

図表表示を有効にすると、記事はPREエレメントによって整形済みテキストとして扱われます。
その為、行頭のスペースや連続したスペースも評価され、等幅フォントによって桁位置が合わせられて表示されます。
JIS罫線文字などによって表組みをする場合には図表表示にするとよいでしょう。

Arcadia BBS type Simple ONLINE HELP
written by Chika Mizuki.