小説 ~というかむしろ駄文~

Yel・Caese

『Yel・Caese』に関して

初めて一般に向けて公開した長編小説で、株式会社ウエストサイド刊行の NEW report にて投稿連載の形で公開されました。
現代科学に反旗を翻した似非科学が公然と登場したり、意識的・無意識的あわせてかなりの数のパロディを入れたりと、当時に 2ch があったら間違いなく叩かれまくるような危険なことをやっています(爆)
ストーリープロットやエピソード、ネーミングに至るまでのパロディの元ネタを全て言い当てることができた人はオタクを自認して下さい。
しかし今読み返すと顔から火が出そうだ(汗)

初出
株式会社ウエストサイド New Report
1995年5月~1996年8月 連載終了

各話

序章 天の胎動編
  1. 第1話 『シェリド銀河帝国』
第一章 混沌への黎明編
  1. 第2話 『反旗の白き船』
  2. 第3話 『追撃』
  3. 第4話 『惑星サイイドの少年』
  4. 第5話 『過去との決別』
  5. 第6話 『小さな防衛線』
第二章 彼方の晦冥編
  1. 第7話 『シャルバートの暗雲』
  2. 第8話 『黒い影』
  3. 第9話 『帝国の猛威』
  4. 第10話 『エル・シーゼ撃沈』
  5. 第11話 『決死の浮上』
第三章 血塗られた英雄編
  1. 第12話 『万能戦艦ネェル・エル・シーゼ』
  2. 第13話 『カウント・ダウン』
  3. 第14話 『父と子と…』
  4. 第15話 『バイブレーション』
終章 永久の祈望編
  1. 第16話 『英雄、散って…』

Yel・Caese series 2nd Chapter
ANGELIC INNOCENCE
~ The Last Devine Judgment ~

『ANGELIC INNOCENCE』に関して

『ANGELIC INNOCENCE』は Yel・Caese シリーズの第二弾として同じく株式会社ウエストサイドの New Report に投稿連載したシリーズです。
Yel・Caese の後日談ではなく、Yel・Caese シリーズと同一の世界観で全く別の時間軸―――わたし達が生きていた西暦 1999 年のパラレルワールドでの物語になります。
相変わらず意識的・無意識的あわせてかなりの数のパロディがありますが………まぁ~ Yel・Caese よりはなんぼかマシ?

初出
株式会社ウエストサイド New Report
1996年11月~4月、1997年6月~10月、98年2月~5月 連載終了

各話

  1. 第1話 『純粋すぎた少女 ~ Innocent Angel I』
  2. 第2話 『平穏な日々 ~ Calm days』
  3. 第3話 『発動 ~ Psychic』
  4. 第4話 『出会い ~ Harold』
  5. 第5話 『スイシーゼ ~ Innocent Angel II』
  6. 第6話 『再会 ~ Father』
  7. 第7話 『シェネラ ~ Sister I』
  8. 第8話 『悲しみの過去 ~ Sorrowful past』
  9. 第9話 『姉よ! ~ Sister II』
  10. 第10話 『存在意義 ~ Significance of existence』
  11. 第11話 『宣戦布告 ~ Declaration of war』
  12. 第12話 『誰が為に ~ Why』
  13. 第13話 『大地を血の色に染めて ~ Fight to difend you』
  14. 第14話 『滅亡30分前 ~ Count down to fall』
  15. 最終話 『ただ一時の破局 ~ After the last devine judgment』

愛奉仕物語 愛音

『愛奉仕物語 愛音』に関して

『愛奉仕物語 愛音』は Innocent Arcadia Millennium の登場人物である椎奈愛音の元ネタとなった小説です。
大学の先輩であるところの祭貴氏のメイド同人誌にて短編小説として掲載させていただきました。
元々は漫画で描く予定だったのですが、なんちゅ~か途中で期間と技術的に挫折して小説にしてしまいました。
登場人物二人の一人称と三人称が混在する文体で、ちょっと遊んでみました。

初出
お祭りギルド『めいど白書』
1997年12月28日 コミックマーケット 53

本編

  1. 愛奉仕物語 愛音
Valid HTML 4.01 Strict Valid CSS!